患者様中心の美容外科を常に心がけております

慶友形成クリニック
TOPへ | サイトマップ

24時間受付メール相談来院のご予約
慶友形成クリニック 院内案内美容施術料金案内慶友形成クリニックの特徴美容整形施術の治療品質慶友形成クリニックの治療案内院長挨拶慶友形成クリニックへのアクセスお問合せ
TOP > 治療案内トップ > 上眼瞼切開法
治療案内therapy
上眼瞼切開法

上眼瞼切開法とは
上眼瞼切開法は、まぶたの皮膚を切除してたるみを取ったり、厚ぼったいまぶたの皮膚を薄くして、自然ですっきりとした二重まぶたに仕上げる美容整形です。幅などを自由に設計できるので、あらゆるタイプのまぶたにも治療できるのが特徴です。

上眼瞼切開法の詳しい情報はこちら

上眼瞼切開法の詳細
上眼瞼切開は、二重まぶたのライン上を広く切開する治療です。確実な癒着ができ、仕上がりをより自然に整えられます。

上眼瞼切開法のダウンタイム
ダウンタイム4-5
当日
腫れがあります。内出血と腫れを最小限に抑えるため術後は30 - 40分程度休んでいただきます。術後4 - 5時間で軽い鈍痛が出る可能性はありますが、処方された薬を服用していただければ落ち着きます。
翌日
痛みはありませんが、腫れています。傷を最小限に抑えるために術後の診察と処置をしますので、通院が必要です。消毒方法や効率の良い冷やし方を、治療後にお渡しする「治療後のケア」に掲載しております。必ずお読みください。
5日目
5日から7日目で抜糸が可能になります。著しい不自然さはもう見られません。
1ヵ月後
仕上がりに近い状態です。二重のライン上に薄ピンク色の班が見られますが、時間の経過に伴い消えていきます。 3 - 6ヵ月で完全に仕上がります。

上眼瞼切開法の術後ケアについて
上眼瞼切開の術後の抜糸は5 - 7日後に行います。腫れは抜糸の頃にはある程度落ち着きます。必要に応じてアフタートリートメントの施療を受けて頂きます。術後のライン修正にも対応しておりますのでご安心下さい。
 
上眼瞼切開法

Question
美容整形は初めてで、麻酔の痛みが心配です。麻酔が効いてしまえば手術中は痛くないということは理解しているんですが…
Answer
確かに麻酔についての不安は大きいと思います。麻酔の痛みは2種類あるとお考えください。ひとつは針を刺す痛み(穿刺痛)、もう一つは麻酔薬が注入される圧迫痛です。当院ではこれらの痛みを和らげるために、最も細い針を使用し、麻酔薬も、濃度やphを調整するだけでなく、注入速度にも細心の注意を払って治療しています。

Question
これまで2回埋没法の治療を受けたことがあります。もう切開しかないと考えているんですが、やはり、切るということに対して不安があります。今の状態は片側はラインが残っているんですが、もう片方は完全にとれていて普段はアイプチを使っています。
Answer
切開治療となると恐怖心は誰にでもあると思います。それは仕上がりに対してということだと思うんですが、埋没法で治療を受けた経過があるということであれば、基本的に同様のラインに仕上げることができますので、術後の仕上がりイメージは埋没法と大きな差はありません。ただし、埋没法の場合、皮膚に厚みがあると、折込が部分が厚くなり、非常に不自然となってしまいますが、切開の場合は皮膚を薄くしますので、仕上がりがより自然になるとご理解していただければと思います。

Question
4年前に埋没法を受けています。年齢のせいもあり、皮膚のたるみも出ています。今回は切開でたるみも取りたいと思います。他で受けた埋没法でも切開の治療を受けられますか?その場合の糸はどうなりますか?取っていただけるんでしょうか?また、費用はいくらになりますか?
Answer
他で受けられた埋没法のあとでも切開による二重は対応させていただきます。糸は切開の治療であれば同時に取り除きますのでご安心下さい。追加費用もありませんので、費用は\324,000です。

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.